どんちゃか幼児教室の料金や口コミ。理英会どんちゃかとの違いは何?コースやメリット・デメリットまとめ

どんちゃか幼児教室の口コミと料金 幼児教室

どんちゃかは昭和56年に設立され、約40年の実績と独自のカリキュラム・オリジナル教材が充実している幼児教室です。

質の高い授業が受けられ、成果を感じられる幼児教室として、関東や関西エリアで人気があります。

そこで今回は、どんちゃか幼児教室のカリキュラムや費用、メリット・デメリットなどについて、詳しく紹介していきます。

どんちゃかってどんな幼児教室?

(引用:どんちゃか)

どんちゃかは、横浜国立大学の依田名誉教授の理論に基づき、「生きる力の基礎作り」を行う幼児教室です。

定員8~10名の少人数クラスに先生が2人つくので、細やかなサポートが受けられます。

子どもの年齢に合ったオリジナル教材を使ったり、本格的な運動器具を使って体を動かしたりして、勉強だけでなく運動能力も鍛えられるような授業が特徴です。

授業の最後には「マザーリング」という、その日教室で行った内容の解説資料がもらえるので、家庭でもどんちゃかの指導法を取り入れることができます。

では、どんちゃかのポイントや料金、コース、エリアの詳細を確認していきましょう。

公式:どんちゃか幼児教室

【特徴】脳の発達を刺激する72のテーマを授業で取り上げる

どんちゃか幼児教室の教育方針として中心に据えられているのが、「子どもの世界や感性を大切にする」ことです。

そのためどんちゃかでは、教育方針を土台にして、脳の構造が90%できあがると言われている幼児期に、脳の発達を刺激する72のテーマを授業で取り組みます。

例えば、0~1歳児のクラスは、「聞く力」「色」「リズム」「形」がテーマ。

子どもたちは「見る」「聞く」「触る」「味わう」「嗅ぐ」こと、で五感を養うことができます。

コース 授業テーマ
ぽこぽこコース 生活・感覚・手の巧緻性・比較
・敏捷性・記憶・聞く力・追試力
・位置・リズム・色・大小・形 など

また授業では、遊びを通して子どもの脳を刺激し、生きるために必要な5つの力「人前力」「競争心と思いやり」「思考力と理解力」「勇気とガマン」「集中力」を伸ばしていきます。

【コース】ぽこぽこ・すくすく・きらきらの3つが基本

どんちゃか幼児教室のコースは「ぽこぽこ」「すくすく」「きらきら」が基本です。

なお、年度内に1歳にならない子を対象とした、「エンジェルコース」もあります。

対象
年齢
定員 レッスン
時間
エンジェル 生後6か月~
(年度内1歳未満)
ぽこぽこ 生後6か月~
1歳
8名 週1回×60分
すくすく 1歳~2歳 8名 週1回×60分
きらきら 2歳~3歳 10名 週1回×60分

【料金】教材費込みで月額8,000円から!入会金は無料

どんちゃか幼児教室の授業料は、どのコースいずれも月額8,000円です。

項目 料金
基本料金 月額8,000円
入会金 25,000円
※特典で割引有
教材費 基本料金込

年齢が上がるにつれて料金が上がっていくことがないので、変わらないのはいいですね。

入会金は25,000円ですが、キャンペーン中に入会すると、ぽこぽこコースは入会金が無料。
すくすくコースとキラキラコースは10,000円になります。

教材費は授業料に含まれているので、別途支払う必要がありません。

【エリア】神奈川・東京・千葉・関西で教室を開講

どんちゃか幼児教室は、神奈川・東京・千葉・関西で開講されています。全部で13校です。

エリア 校舎
神奈川 川崎ルフロン校・元町校・二俣川校
・大船港・青葉台校
東京
・千葉
自由が丘校・池袋校・二子玉川校
・千葉校・吉祥寺校
関西 神戸校(兵庫)・天神橋校(大阪)

どんちゃか幼児教室と理英会どんちゃかの違いは?

「どんちゃか」の名がつく幼児教室には、どんちゃか幼児教室の他に「理英会どんちゃか」があります。

どんちゃか幼児教室は「子どもの生きる力を伸ばすこと」を目標とした教室ですが、理英会どんちゃかは、「受験合格」を目標とした、プラスαのカリキュラムが組まれている受験対策教室です。

理英会どんちゃかは小学校受験向けのコース

理英会どんちゃかは、幼稚園や小学校受験に向けて、どんちゃか幼児教室よりもさらにきめ細かな指導が受けられる幼児教室で、コースは「さくら」(1歳~2歳)と「プレ年少」(2歳~3歳)の2種類です。

理英会どんちゃか

(引用:理英会どんちゃか)

どんちゃかと理英会どんちゃかでは、次のような違いがあります。

どんちゃか 理英会
どんちゃか
時間 1回60分 1回80分
料金 8,000円 15,000円
定員 8~10名 6名まで
講師 10年以上のベテラン
+行動力のある若い講師
ベテラン講師
3名
受験
対策
受験情報の提供
個別指導時間あり
面談、親子活動
ボキャブ
ラリー
月1回・8枚 月4回・32枚

どんちゃか幼児教室の中に受験を考えている人もいますが、理英会どんちゃかはより幼稚園受験や小学校受験を意識した親子の参加が多いようです。

なお、理英会年少コースへの進級に向けたステップアッププログラムが、進級3か月前から開始されます。

本格的に受験準備をするなら理英会どんちゃかを検討して

どんちゃか幼児教室でも、受験準備に繋がるような準備ができますが、本気で幼稚園受験や小学校受験考えているのであれば、理英会へ移行するのがおすすめです。

どんちゃか幼児教室に比べると料金は倍近くしますが、受験に向けた情報収集や試験対策をするなら、理英会どんちゃかのほうが安心して進められます。

なお、理英会幼児教室は、横浜地区での主要私立小学校への合格実績が神奈川No.1

他地域においても実績を出していることからも、受験に特化した幼児教室を選んだほうが良さそうです。

どんちゃか幼児教室の口コミや評判

どんちゃか幼児教室の口コミや評判は多くありませんが、SNSから集めたものを紹介します。

他の幼児教室は知育系に授業の重きを置いているのに対して、どんちゃか幼児教室は運動系にも力を入れているのが特徴の一つです。

机上学習だけでなく、実際に身体を動かすことも大切にしたい人に向いていますね。

SNSに書き込まれている評判こそ多くないものの、ママさんの間ではそれなりに信頼が厚いようです。

周りのママさんたちに勧められて、体験教室を受講することにしたという人がちらほらいました。

体験教室に行ってみることで見えてくることは多いので、気になったらまずは親子で体験しにいきたいですね。

どんちゃか幼児教室のメリット

どんちゃか幼児教室のメリットをまとめました。

  • しゅくだいノートと音声ペン「おはなしせんせい」で家庭学習もばっちり
  • 子どもの能力をバランス良く伸ばすことができる
  • 通塾と並行してオンライン授業「WEBどんちゃか」に対応

一つずつ確認していきましょう。

しゅくだいノートと音声ペン「おはなしせんせい」で家庭学習もばっちり

他の幼児教室にはない、どんちゃか幼児教室だけの家庭用教材に、「しゅくだいノート」と「おはなしせんせい」(音声ペン)があります。

(引用:どんちゃか)

「しゅくだいノート」は、どんちゃか幼児教室が開発した完全オリジナル教材で、授業がない日でも家庭でどんちゃかの教育を体験できるワークブックです。

しゅくだいノートに「おはなしせんせい」のペン先を当てることでの語りかけや歌が聞こえてくるので、子どもが自分から学習したくなる内容となっています。1冊あたり約30ページです。

(引用:どんちゃか)

音声ペンは、しゅくだいノートに連動していて、ペンをかざすと問題を読み上げてくれたり、正解するとチャイムが鳴ったりして、考えるときのヒントを教えてくれます

「しゅくだいノート」「おはなしせんせい」の対象は、2歳コース(すくすく・さくら)3歳コース(きらきら・プレ年少)です。

子どもの能力をバランス良く伸ばすことができる

どんちゃかは、子どもの右脳と左脳をバランスよく刺激するために、子どもの年齢に合わせてた72のテーマで授業が行われます。

授業では毎回テーマが変わるため、特定の分野に偏らない学習が可能です。

また、どんちゃか幼児教室で使われる教材は、すべて独自に開発されたもので、「指示の理解」「語彙力」「言語」「知識」など、子どもたちの力を伸ばせるように工夫されています。

授業と教材を組み合わせて使うことで、よりバランスよく子どもの能力を高めていくことができるということですね。

通塾と並行してオンライン授業「WEBどんちゃか」に対応

どんちゃか幼児教室は、Zoomを使って参加する「WEBどんちゃか」に対応しています。

動画の流しっぱなしにならないように、双方向のやりとりができるオンライン指導を行っているほか、教室で行われる授業の一部をWEBで受けられるため、通塾との並行が可能です。

どんちゃか幼児教室のデメリット

どんちゃか幼児教室のデメリットをまとめました。

  • 幼児教室としては高いわけではないが、月謝としては安くもない
  • 先生は全員が幼稚園免許をもっているわけではない
  • 1歳から3歳までのクラスは平日の午前中にしかやっていない

それぞれ確認していきましょう。

幼児教室としては高いわけではないが、月謝としては安くもない

どんちゃか幼児教室と、他の幼児教室の費用を比較しました。

幼児教室 月謝 入会金 備考
どんちゃか 8,000円 25,000円 特典で
入会金無料有
キッズパル 8,000円 10,000円 割引制度有
七田式 12,000円
~15,800円
15,000円
~20,000円
特典で
入会金無料有
ベビー
パーク
14,000円
~15,800円
14,000円 特典で
入会金無料有
ベビー
くもん
2,200円 無料

どんちゃか幼児教室の料金は、他の幼児教室と比べてみると、そこまで高いわけではありません。

七田式やキッズパルのように教材費が別に掛かるわけではないので、比較的優しい価格ではあります。

ただ、入会費・教材費無料で月額2,200円の「ベビーくもん」のような低価格の幼児教室もあるので、高いと感じる人もいるでしょう。

幼児教室によって行われる授業内容はかなり違うので、しっかり比べて見極めたり、実際に体験しにいったりすることが大切ですね。

先生は全員が幼稚園免許をもっているわけではない

どんちゃか幼児教室の先生は、全員が幼稚園教諭免許を持っているわけではありません

ただ、どんちゃかでは、免許の有無よりも、大学卒業時の常識を持ち、その人自身の資質・教養・子どもに対する気持ちを重視しています。

それに、採用後には独自の研修を実施したうえで、授業が任されているなど、講師の教育もばっちりです。

先生は2人体制で、10年以上のベテランと行動力がある若い先生が組むように配置されているので、免許の有無を気にすることなく、安心して子どもを任せられます。

教室は平日午前中の開講が基本なので共働きだと難しい

1歳から3歳までのクラスは、平日午前中に開講されているので、夫婦ともに働いていると、平日は通えません。

年少から理英会に移行すれば、土曜日クラスを受けることもできるので、年少以降の利用を考えてみましょう。

どんちゃか幼児教室の体験・申し込み方法・退会方法

どんちゃか幼児教室の体験や申し込み方法、退会方法をまとめました。

【体験・申し込み】

どんちゃか幼児教室では、無料体験会が季節ごとに各教室で開催されているので、親子で教室の雰囲気を知ることができます。

通常のクラス体験も無料で受けられるので、気になったら体験の申し込みをしましょう。

公式サイトのオンラインフォームや電話から手続きができます。

教室によっては満席で受けられないことがあるので、早めに連絡するのがおすすめです。

入校希望の場合は、公式サイトの専用フォームから申し込みをしてください。

公式:どんちゃか幼児教室

【退会】

退会する時は、まず教室の先生に相談をしてみましょう。

どんちゃかのフリーダイヤルに電話する方法もあります。

まとめ|どんちゃかは幼稚園や小学校受験を考えている人向け

どんちゃか幼児教室の料金やコース、口コミや評判、メリット・デメリットを紹介してきました。

どんちゃか幼児教室のポイントを整理すると、次の通りです。

  • どんちゃかは0歳から3歳までの幼児教室
  • 主なコースは、ぽこぽこ・すくすく・きらきら
  • 受験を強く意識するなら理英会どんちゃかのさくら・年少プレコース
  • 知育だけではなく運動面ものばすことができるのが特徴

ですから、「受験をするかは分からないけれど、選択肢として考えておきたい」「受験を考えているから、対策をしっかりしてくれるところがいい」と考えている人にどんちゃかは向いています。

むしろ、受験は特に意識しておらず、子どもをのびのび育てたいと考えている人は、0歳から通えて月額料金もお手頃なベビーくもんあたりから始めてみると良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました