DWE(ディズニー英語システム)の値段や口コミ・評判。お得な買い方はフルセット一括払い?高いのに後悔しない?

DWEとは?料金や口コミ・評判まとめ おうち英語教材

DWE(Disney World of English)は、「ディズニー英語システム」という子ども向けの英語教材です。

ディズニーキャラクターが教材にたくさん出てくることもあって人気もありますが、費用対効果に疑問を感じる人も多いです。

何しろ、全ての教材がセットになった「ワールド・ファミリー・パッケージ」は、一括払いで約90万円(一般価格)。分割払いを選ぶと100万円を超えます。

なかなかのお値段ですが、CMでは英語ペラペラな子どもたちが出てくるのを見ると、効果があるようにも感じられて、購入するべきか悩んでしまいますよね。

そこで今回は、DWEの特徴や料金、口コミや評判、メリット・デメリットなどについて詳しく紹介していきます。

  1. DWE(ディズニー英語システム)ってどんな教材なの?
    1. 【特徴】ディズニーキャラクターを使ったオールイングリッシュ教材
    2. 【料金】教材は単体購入よりもパッケージ買いがお得
    3. 【対象】0歳からOK!小学生や中学生になっても使える
    4. 【内容】音楽教材やカードなど英語学習へのアプローチが豊富
  2. DWE(ディズニー英語システム)の口コミや評判
    1. 高いけど、続けてきてよかった!
    2. 中古と新規で迷うけど、いまいち踏み切れない
    3. 英会話教室通うのでもいいかな…
    4. 百貨店やショッピングモールでDWEの営業は多い!
  3. DWE(ディズニー英語システム)のメリット
    1. キャラクターと一緒に勉強できるからディズニー好きにはたまらない
    2. オールイングリッシュで日本語が出てこない
    3. 教材がバランスよく揃っていて組み合わせながら使える
    4. WFC会員(有料)になればイベントに参加できる
  4. DWE(ディズニー英語システム)のデメリット
    1. とにかく高い!100万円以上かかることも…
    2. WFC(ワールドファミリークラブ)会員でなければ交換保証を受けられない
    3. DWEをかけ流せばバイリンガルになれるわけではない
    4. 毎日取り組むには親の情熱が必要
    5. 子どもの興味が他に移るなどして途中でやめてしまう可能性もある
  5. DWE(ディズニー英語システム)の始め方
    1. 中古教材と新品のどちらを購入するか
    2. サンプルを取り寄せて子どもと使ってみる
    3. アドバイザーの話を聞いてみる
    4. 申し込み
  6. DWE(ディズニー英語システム)を検討するなら確認しておきたいこと
    1. Q. 子どもを見てあげられる時間が少ないけど、買っても大丈夫?
    2. Q. パッケージがありすぎて困る…何を買えばいい?
    3. Q. 早速届いただけど段ボールの山…いったい何から始めるべき?
    4. Q. リニューアル前と後で何が違うの?
  7. まとめ|DWEは高い!ただ教材の質や量を長い目で見ればアリ

DWE(ディズニー英語システム)ってどんな教材なの?

ディズニー英語システム

(引用:DWE公式)

DWEは、アメリカのウォルト・ディズニー・カンパニーに正式に認められた、家庭用子ども向け英語教材です。

幼児向け英会話セットの教材市場で、売り上げシェアNo.1(2020年7月現在)とも言われています。

まずは、DWEの特徴や料金、対象や教材の内容について確認していきましょう。

公式:ディズニー英語システム

【特徴】ディズニーキャラクターを使ったオールイングリッシュ教材

DWEの教材は、ミッキーやミニーをはじめとしたディズニーキャラクターが登場し、歌を歌ったり、マジックペンがおしゃべりしたりするなど、子どもが夢中になれる仕掛けがたくさんあります。

教材は5つの基本教材と、4つの応用教材の全部で9つ。

種類 内容
基本教材 「メインプログラム」(M)
「トークアロング・カード」(T)
「ストレート・プレイDVD」(D)
「シング・アロング」(S)
「プレイ・アロング・セット」(P)
応用教材 「ミッキー・マジックペン・セット」(G)
「ミッキーマジックペン・アドベンチャー・セット」(A)
「Q&Aカード」(Q)
「レッツ・プレイ」(L)

※教材名後ろの()は、教材名をアルファベットの頭文字で表したもの

基本教材は、英語の基礎的な知識をインプットするための教材で、応用教材は、基本教材で学んだことをもとにして実際に英語を使っていく教材です。

全てが英語の教材なので、日本人が日本語を覚えるのと同じように、英語を英語のまま理解して、言語として習得できるように作られています。

【料金】教材は単体購入よりもパッケージ買いがお得

そのような教材を組み合わせたのがパッケージ商品で、一般価格と会員価格で異なります。

10年は使えると言っても、教材価格としてはかなり高いですね。

※税抜価格

パッケージ 教材セット 一般価格 会員価格
ワールド・ファミリー
・パッケージ
MTDSGAQL 912,000円 892,000円
ミッキー・パッケージ
+GAQ
MTDSGAQ 855,000円 835,000円
ミッキー・パッケージ
+GA
MTDSGA 801,000円 781,000円
ミッキー・パッケージ
+G
MTDSG 751,000円 731.000円
ミッキー・パッケージ MTDS 672,000円 652,000円
ミニー・パッケージ TDS 439,000円 419,000円
ドナルド・パッケージ TS 368,000円 348,000円
グーフィー
・パッケージ
DS 271,000円 252,000円
シング・アロング
・セット
S 168,000円 148,000円
プレイ・アロング
・セット
P 48,000円

教材は、単体購入するよりも、上記のようにセットでパッケージ買いしたほうがお得です。

なお、分割払いをすると金利がついて値段がさらに上がってしまうため、できるだけ一括払いで済ませたいですね。

公式:ディズニー英語システム

【対象】0歳からOK!小学生や中学生になっても使える

DWEは12年間かけて英語を学ぶように作られた教材で、0歳〜小学校6年生くらいまでが対象です。

フルパック(教材全てまとめ買い)で購入した場合、全体の4分の1くらいから使い始め、小学生や中学生になるまで長い期間使うことができます。

赤ちゃんのうちから使えるのは、「プレイ・アロング」というCD・DVDと、DVDに出てくるおもちゃがセットになった教材です。

歌ったり踊ったりして、遊びながら楽しんで英語に親しめるんだね!

【内容】音楽教材やカードなど英語学習へのアプローチが豊富

教材のジャンルは「ソング」「ストーリー」「カード」「マジックペン」「レッスン&アクティビティ」の5種類に分かれています。

様々な方面からアプローチすることで、英語への理解を深め、英語が身につきやすいようになっているのです。

ここでは9つある教材の中から3つを取り上げ、詳しく内容を紹介します。

シング・アロング

「シング・アロング」は、英語のDVD・CD・絵本がセットになっていて、文法や話す力をつけることができる教材です。

日常会話でよく使われるフレーズを歌詞にした英語の歌が、約130曲収録されています。

DVDやCDは家庭で使うことはもちろん、ドライブでかけ流すのも良いですね。

絵本は歌詞とリンクした内容になっていて、CDを聞きながら絵本を見ることで音と文字、そしてイラストを結びつけ理解を深めることができます。

映像や絵を見たり、歌を聞いて一緒に歌うことで、英語が持つイントネーションやアクセントをそのまま覚えられるのがいいですね。

ミッキー・マジックペン

ミッキー(もしくはミニー)のおしゃべりするマジックペンと、絵本やカードがセットになった教材です。

マジックペンで絵本やカードにタッチすることで、キャラクターが喋り、英語のフレーズや歌を聞くことができる仕組みで、収録されている単語は1,360語以上にもなります。

子どもは、自分がしたこと(この場合、ペンでタッチすること)への反応が返ってくると、面白いので何度も同じ行動を繰り返しますよね。

ミッキー・マジックペンは、何度も繰り返すうちに自然と英語の語彙が増えるのがポイント。

語彙が増やせるので、表現の幅を広げることができます。

とにかくインプットで語彙力を増やすのが大切!

また、場面ごとに単語や例文を聞くことができ、実際に使える会話力も身につくでしょう。

トーク・アロング・カード

「トーク・アロング・カード」は、 ディズニーキャラクターのイラストと英語が書かれた510枚のカラフルなカードです。

単語を聞き分ける力や、その単語の意味や役割を理解するのに役立ちます。

カード読み取り機は質問モードに切り替えたり、マイクで自分の声を録音することもできるので、英語をアウトプットするのも便利です。

DWE(ディズニー英語システム)の口コミや評判

DWEの口コミや評判をTwitterから集めました。

高いけど、続けてきてよかった!

DWEには、アウトプットする場として英語レッスンもあります。

教材をそのまま使うことができて、実際に英語を使う場を利用できるのはいいですよね。

決して安くはない料金ですが、続けてきてよかったと感じられれば、下手に英会話教室に通ったり、色々な教材を手当たり次第使ってみるよりもいいかもしれませんね。

DWEは、WFC会員費やイベント費など、購入後も何かとお金が掛かってきます。(メリットの部分で後述しています)

ただ、近くでイベントが無いような地域だと、なかなか参加するのも難しいです。

イベントに参加できないとしても、毎日自宅で取り組めるのは、DWEの強みと言えます。

中古と新規で迷うけど、いまいち踏み切れない

料金が料金だけに、DWEを新規購入するか、中古で入手するかはなかなか悩みどころ。

いまいち踏み切れず、やろうと思っているのについつい先延ばしになってしまう…なんて人も多いです。

確かに、フルパッケージ買いする費用を考えたら、英語以外の教材だって購入できるでしょうし、やってみたい習い事も始められるかもしれません。

新規購入で踏み切れない人は、とりあえずメルカリなどにある中古を入手してみて、それから新規購入のほうが後悔は無さそうです。

英会話教室通うのでもいいかな…

DWEはいいと聞くけれど、それでも値段がネックで他の手段を検討する人もいます。

月額2万円の英会話教室に通うくらいなら5年で、DWEのフルパッケージと同じくらいの費用が掛かりますが、月1万円もいかないようであれば、10年は通えます。

手頃な値段で通える英会話教室が近くにあり、レベルも納得できるものだと、そちらに流れてしまっても仕方がない気もしますね。

百貨店やショッピングモールでDWEの営業は多い!

DWEは、定期的に百貨店やショッピングモールで営業活動を行っています。

ディズニーキャラクターや風船に惹かれて、つい足を止めてしまう人も多いです。

話を聞いているうちにどんどん興味が湧いてきて、いいんじゃないかって思っちゃうよね。

その気が無かったのに入ってしまった…という場合は、電話や郵送でクーリングオフ(8日以内に解約手続き)することもできるので、ささっと手続きしてしまいましょう。

DWE(ディズニー英語システム)のメリット

では、DWEのメリットについて見ていきましょう。

  • キャラクターと一緒に勉強できるからディズニー好きにはたまらない
  • オールイングリッシュで日本語が出てこない
  • 教材がバランスよく揃っていて組み合わせながら使える
  • WFC会員(有料)になればイベントに参加できる

キャラクターと一緒に勉強できるからディズニー好きにはたまらない

ディズニーが好きな子どもにとって、ディズニーキャラクターと一緒に英語を勉強できるなんていう、これ以上のメリットはないですね。

教材にはミッキーやミニーはもちろん、カーズやアナと雪の女王など、人気のピクサーのキャラクターも登場します。

大好きなキャラクターが出てくる教材で、楽しみながら勉強できるのは最高ですね。

オールイングリッシュで日本語が出てこない

特徴のところでも触れましたが、DWEは全て英語の教材で、一切日本語が出てきません

DWEの公式サイトによると、赤ちゃんの脳は地球上のどこの国の言葉にも対応できる能力が備わっており、自分が置かれた環境で言語能力を育てていくと言います。

そのため、日本語が話される環境では日本語を、英語が話される環境では英語を習得していくわけです。

オールイングリッシュの教材を使えば、ネイティブの環境に近付けられそうだね!

教材がバランスよく揃っていて組み合わせながら使える

DWEにはCDやDVDだけでなく、絵本、カード、マジックペンなど、様々な教材があります。

しかも、DVDで聞いた歌が絵本にも出てきたり、カードにも同じフレーズがあったりなど、各教材を組み合わせて使えるのがポイント。

語彙や文法に繰り返し触れることで、自然に定着を促すことができます。

また、対象とする年齢も0〜12歳と幅広いので、そのときの子どものレベルにあった教材を、労力をかけずに選ぶことができるのもメリットですね。

パッケージ買いすれば、教材の偏りも少なくて済むね!

WFC会員(有料)になればイベントに参加できる

DWEには、WFC(ワールドファミリークラブ)という任意の会員制度があります。

WFCは有料ですが、会員になることで、各地で開催されるイベントへの参加、電話レッスン、修理・交換などのアフターサービスを受けることができるのです。

特にイベントでは、教材でインプットした英語を、実際にネイティブの先生と触れ合いながらアウトプットする機会を得られるので、アウトプットの場としても活用できます。

なお、WFC会員の料金は一世帯ごとで勘定されるため、子どもが何人加入しても料金は変わりません。

会員費

※税込価格

入会金
25,000円
DWE教材と同時加入で入会金免除
正会員
(第一子が1歳7ヶ月以上)
月3,410円
ベイビー会員
(第一子が1歳6か月以下)
月1,320円
マタニティ会員
(出産まで)
無料

イベント費

週末に行われるイベントに参加するには、会費とは別にイベント参加料金が必要です。

基本的にどのイベントも料金は同じですが、「ゴー!ゴー!キッズ」という小学生向けのイベントのみ料金が異なります。

通常 ゴー!ゴー!
キッズ
大人 1,600円
(2人目以降800円)
無料
子ども 1,060円
(2人目以降530円)
2,080円
(見学時は無料)
0歳児 無料

公式:ディズニー英語システム

DWE(ディズニー英語システム)のデメリット

次に、DWEのデメリットについてまとめました。

  • とにかく高い!100万円以上かかることも…
  • WFC(ワールドファミリークラブ)会員でなければ交換保証を受けられない
  • DWEをかけ流せばバイリンガルになれるわけではない
  • 毎日取り組むには親の情熱が必要
  • 子どもの興味が他に移るなどして途中でやめてしまう可能性もある

一つずつ確認していきましょう。

とにかく高い!100万円以上かかることも…

DWEはとにかく教材の価格が高いです。

「ワールドファミリーパッケージ」を購入する場合、一般価格で912,000円になります。

WFC会員になると少し割引がありますが、それでも892,000円です。
(どちらも2019年のリニューアル後の金額)

しかも、分割払いでは実質年率6.0〜9.0%で、支払い総額は120万円以上掛かることもあります。

金利手数料のことを考えると、一括で支払った方が安く済むのです。

それでもこの金額を一括で払うのは、結構勇気が要るよね…

中古車も買えそうなお値段!

ただ、DWEを購入せずに、英会話教室に数年通った場合でも、総額では同じくらいの料金が掛かります。

例えば、月2万円の英会話教室に5年通ったとすれば、それだけで総額120万円です。

ですから、どちらを選ぶかは家庭の教育方針や子どもの様子に合わせてよく考えた方がいいでしょう。

WFC(ワールドファミリークラブ)会員でなければ交換保証を受けられない

DWE公式サイトでは「充実のサポート」を謳っていますが、WFC会員にならないと無料で修理・交換の保証は受けられません

WFC会員にならない場合の保証期間は、購入後1年間のみです。

DWEは単体購入よりもお得なため、多くの人は数年分の教材としてパッケージを購入をします。

しかしその場合、子どもの年齢が低いうちは手をつけない教材も多くなりますよね。

購入してから1年だけの保証では足りないため、結局は必然的にWEC会員になる流れになりやすいです。

DWEをかけ流せばバイリンガルになれるわけではない

DWEの教材は、基本的に英語をインプットするための教材です。

子どもが少しずつ日本語を話すようになるのと同じように、英語の場合でも実際に自分で考えて話したりなど、アウトプットする機会は欠かせません。

DWEのCDをかけ流し、絵本やカードを使っているだけで、自然とネイティブのように英語をすらすらと話せるようにはならないのです。

DWEのパンフレットや公式サイトで紹介されている英語がペラペラの子どもたちは、英語を使って話せる環境にあります。英会話教室やオンライン英会話を利用している子も多いはずです。

つまり、子どもにバイリンガルになって欲しいのであれば、DWE教材を手に入れて満足せず、英語をアウトプットできる環境を整える必要があると言えます。

関連: 子どもに英語のかけ流しをする効果はある?かけ流しはいつから始めたらいい?

子どもに英語のかけ流しをする効果はある?かけ流しはいつから始めたらいい?
「英語のかけ流し」とは、英語の音楽やストーリーをBGMのようにかけておくことです。 かけ流しは、最初に取り組める英語教育として始める方が増えています。 英語のかけ流しをすることで、同じように英語シャワーを子どもに与え、英語学習の...

毎日取り組むには親の情熱が必要

DWEは家庭用教材のため、親が子どもの取り組みをサポートする必要があります。

英語を習得するためには、毎日継続して学習することが大きなポイント

子どもが毎日飽きずに、自分からやりたがる、ということはあまりなさそうですよね。

毎日取り組むことができるかは、親のモチベーションにかかっていると言っても過言ではないでしょう。

子どもの興味が他に移るなどして途中でやめてしまう可能性もある

子どもの興味や関心は、いつどんなものに移り変わるかわかりません。

電車好きで毎日図鑑を眺めていたかと思えば、いつの間にか見向きもしなくなります。

同様に、ディズニーが好きでDWEを始めたとしても、毎日DVDを見ていたら飽きてしまうこともあるでしょう。

さらに、子どもが大きくなるにつれ、DWEで学習するよりもアニメやゲームの方が楽しくなったり、他の習い事に興味を持ったりして、結果的に使わなくなる可能性もあることは、覚悟が必要です。

英語んのDVDを見るよりもゲームが楽しいって思うと、見なくなっちゃうよね。

DWE(ディズニー英語システム)の始め方

DWEを始めるには、中古教材と新品の教材のうち、どちらを購入するか検討しましょう。

その際に考えるポイントや、教材をお試しする方法、実際に新品を買う際の申し込み方法についてまとめたので、参考にしてください。

中古教材と新品のどちらを購入するか

前述の通り、新品の教材は、全ての教材がセットになっている「ワールドファミリーパッケージ」で100万円近くします。

DVD・CD・絵本のセットの「シング・アロング」でも、一般価格で168,000円(税抜)です。

それに比べて、中古教材はかなり価格を抑えられます

実際、メルカリを見ると「シング・アロング」のフルセットで、半額以下(約17万→約8万円)というものもありました。

少しでも安く手に入れたいという人は、どのくらいの価格で中古教材が買えそうか、一度調べてみるといいかも。

一方で、中古教材は、WFCのサービスを受けることができませんし、バラ売りが多かったり、使用感などが気になったりして、結局は探す手間が掛かるものです。

新品で教材を購入するならそういった心配はないので、安心ですよね。

デメリットの部分を受け入れることができるか、メリットの方が上回るかということをよく比較して、中古教材と新品どちらを購入するか検討できると良いですね。

サンプルを取り寄せて子どもと使ってみる

新品と中古のどちらを選ぶとしても、まずは教材の雰囲気を知ることが大切です。

無料サンプルを取り寄せることができるので、試しに使ってみましょう。

  • 8曲以上の歌が収録されたビデオを楽しめるDVD
  • DWEの人気ソングが6曲収録されたCD
  • CDに出てくる歌とリンクした内容の絵本

サンプルは、そのままもらうことができます。

公式:ディズニー英語システム

アドバイザーの話を聞いてみる

購入を検討している場合におすすめなのが、DWEの「わくわく無料体験」です。

担当のアドバイザーが自宅に来て、説明を受けながら実際に教材に触れることができます。

「今日だけ特別価格で…」と勧誘されることも多いようですが、DWEに関する疑問はもちろん、育児の質問についても答えてくれるそうなので、一度体験してみるのもありだと思います。

申し込み

わくわく無料体験で説明を受けたら、教材内容や価格に関する説明を受けたのち、契約手続きへと移ります。

最初の訪問で決めてしまう人も多いようです。

DWE(ディズニー英語システム)を検討するなら確認しておきたいこと

DWEの購入を検討するときに、注意しておきたいポイントがあります。

  • Q. 子どもを見てあげられる時間が少ないけど、買っても大丈夫?
  • Q. パッケージがありすぎて困る…何を買えばいい?
  • Q. 早速届いただけど段ボールの山…いったい何から始めるべき?
  • Q. リニューアル前と後で何が違うの?

買ってから「こうすればよかった…」と後悔しては遅いので、しっかり確認しておきましょう。

Q. 子どもを見てあげられる時間が少ないけど、買っても大丈夫?

A. 少しでもいいから、毎日コツコツと続けられるようならあり。

1日のうち子どもと一緒にDWEに取り組める時間は少しだったとしても、毎日コツコツ続けることで身になります。根気強く続けるということが大切です。

ただ、教材を全て使い切れるか心配に思う場合は、中古を選んで少しずつ始めてみるというのも一つの方法です。

Q. パッケージがありすぎて困る…何を買えばいい?

A. フルパッケージの「ワールドファミリーパッケージ」がやはり無難。

一つ一つのパッケージを子どもの年齢・発達に合わせて買い足していくという方法もありですが、フルパッケージで購入すると割引(3割引)を受けることができます。

子どもが小さいうちから大きくなっても使えるので、ずっと使うことを考えるとまとめ買いした方がお得です。

まあそれでも高いんだけどね!

Q. 早速届いただけど段ボールの山…いったい何から始めるべき?

A. まずは毎日やる教材と、時々やる教材に分けることから始める。

子どもが小さいうちは、教材を引っ張り出して散らかすというのもよくある話なので、今すぐ使わない教材は一旦しまっておくのがベスト。

子どもの年齢に合わせて使える教材をもとに、まずは2000時間インプットすることを目標に学習計画を立ててみましょう。

Q. リニューアル前と後で何が違うの?

A. キャラクターの種類と映像、絵本の内容やタッチペン機能がリニューアル。

リニューアル後の教材には「アナ雪」「ベイマックス」「カーズ」など、子どもたちに大人気のディズニー映画のワンシーンが追加されました。

大好きなキャラクターが出てくることで、子どもたちがより楽しめる内容になっています。

まとめ|DWEは高い!ただ教材の質や量を長い目で見ればアリ

DWEの料金や教材、メリット・デメリット、口コミや評判について確認してきました。

DWEのポイントを整理すると、次の通りです。

  • ディズニーのキャラクターを使った教材
  • フルパッケージを購入すると教材費だけで100万円ほど掛かる
  • オールイングリッシュ教材
  • 中古でも手に入るがばら売りも多くバランスが悪い
  • 詳しく知りたいならアドバイザーの話を聞く
  • 料金を見ると、びっくりするくらい価格は高いです。

はっきり言って、DWEをフルパッケージで購入すると高いです。

しかも分割払いにした時の金利を考えると、購入するなら一括払いがベスト。

支払うにはちょっと勇気も要りますが…。

それでも、ディズニーの魅力がいっぱいにつまった教材の量やバランスを踏まえ、10年近く使うことを考えれば、決して高すぎるということはありません

むしろ、本人のやる気がないまま、だらだらと英会話教室に通ったり、英語のドリルやプリントを解いたりするくらいなら、DWEを使って学んだほうが意味はあるでしょう。

安い買い物ではないだけに、購入したら、ぜひ積極的に生活の中で使っていくようにしたいですね。

公式:ディズニー英語システム

関連:失敗しないおうち英語の進め方。親が英語を話せなくても大丈夫!

失敗しないおうち英語の進め方。親が英語を話せなくても大丈夫!
おうち英語とは、自宅で行う英語教育のことです。 以前は、英会話教室に通うのが主流でしたが、スマホやインターネットの普及で、家庭でも英語学習を行いやすい環境が整ってきているため、おうち英語を選ぶ人が増えています。 親が子どもに英語...
タイトルとURLをコピーしました