おもちゃ・知育玩具

4歳の娘とキッズラボラトリーを試しに使ってみた体験レビュー!届いたおもちゃや率直な感想を紹介

おもちゃレンタルキッズラボラトリーを使ってみた おもちゃ・知育玩具

おもちゃレンタルのサブスク「キッズラボラトリー」(KIDS LABORATORY)を実際に借りて、子どもにたくさん遊んでもらいました。

4歳と7歳の娘をもつ母として、キッズラボラトリーを利用して気付いたことなどを感想にまとめています。

今後キッズラボラトリーを使ってみようと思っている方は、ぜひ参考にしてください。

なお、キッズラボラトリーの特徴やメリット・デメリット、口コミや評判はこちらの記事で詳しく紹介しています。

キッズラボラトリーの料金や口コミ・評判。8歳まで使えて兄弟パックもあるおもちゃのサブスク
子どものおもちゃって、高価なのにすぐに使わなくなることが多いですよね。 せっかく買っても、反応がいまいちなんてことも少なくありません。 子どもに合ったおもちゃを使いたいけど、何を選べばいいかわからない。 高いおもち...

 

キッズラボラトリーの申し込みから到着までの流れ

キッズラボラトリーの基本情報とポイントは以下の通り。

キッズラボラトリーの基本情報
対象年齢 3ヶ月から8歳
料金 隔月コース:2,574円
毎月コース:4,378円
送料 送料:1回につき1,100円
(返却は着払い)
届くおもちゃの
総額
15,000円相当
交換サイクル 隔月コース:2ヶ月ごと
毎月コース:毎月
メリット ・LINEで連絡ができる
・おもちゃの数を調整できる
・兄弟パックがある
支払い方法 ・クレジットカード
・コンビニ後払い
・代引き
・Amazon Pay
公式サイト キッズラボラトリー

※税込表記

キッズラボラトリーは公式サイトのイラストが可愛くて、前から気になっていたサービス。インスタグラムでもよく見かけるよね、とママ友の間でも時折話題になっていたものです。

レンタルするか悩んでいましたが、おもちゃの数が最大7個まで対応していることや、LINEで連絡が取れる手軽さなどが気に入ったので申し込んでみることにしました。

毎月お届けコースを申し込み

2ヶ月に一度おもちゃが届くサブスクは多いですが、毎月交換ができるサービスは少なめ。

そこで今回は、キッズラボラトリーの毎月お届けコースを選択しました。

コース選択後、会員登録、支払い情報の入力などを済ませると手続きは完了。10分ほどで終えました。

公式:キッズラボラトリー

アンケート回答

手続き完了後、登録したアドレスにメールが来ており、LINEのお友達登録を勧められたのでそのまま登録。LINEでキッズラボラトリーの友達登録を済ませると、アンケートの回答へ移ります。

Googleフォームでも回答できますが、筆者はそのままLNEで回答しました。

手持ちのおもちゃと似たようなものが届いたらもったいないので、自宅にあるおもちゃについてはできるだけ具体的に書くのが良さそうです。

筆者はがっつりと書きました。

他にも、子どもが興味を示さないおもちゃなどについても答えておきます。

おもちゃを書き出すのに少し時間が掛かりましたが、10分程度でこちらのアンケートも回答し終えました。

ラインナップの連絡がきてから数日で到着

それから約1週間後に、おもちゃの入った段ボールが到着。

段ボールは角に少し凹みはありましたが、おおむねきれいな状態で運んできてもらえました。

段ボールを開封すると最初に書類が入っています。

「お届けしたおもちゃがお子様の成長の一翼となりますように」という言葉が素敵ですね。

キッズラボラトリー書類

キッズラボラトリー05

書類の下には、おもちゃが隙間なく並べられていました。

返却はヤマトに集荷依頼を

返却時は、ヤマトに集荷依頼を出せば、自宅まで取りに来てくれて、そのまま着払いで対応してもらえます。

ただ、佐川急便や郵便局から出してしまうと別途支払いが必要となるため注意です。

届いたおもちゃ

届いたおもちゃはこちら。アンケートの回答をもとにしっかり選んでくれたようで、おもちゃを見て子どもは大興奮。

  • どうぶつの世界
  • くるくるレッスン
  • 空間パズル
  • ドクターセット
  • WISHTIME
  • Goryeo Baby

毎月コースは5点から7点のおもちゃが届きますが、今回はちょうど中間の6点でした。

届いたおもちゃについて、実際におもちゃを使っている様子と一緒にそれぞれ紹介します。

どうぶつの世界

どうぶつの世界は、見た目がリアルな動物のフィギュアがセットになっているおもちゃ。サイズ感もこだわわって作られています。

子どもたちは早速ボックスをひっくり返して、全ての動物を出して遊んでいました。

動物になりきってごっこ遊びをしたり、他のおもちゃを組み合わせながら遊ぶのも面白そうです。

NEWくるくるレッスン

NEWくるくるレッスンは、くもんが出している知育玩具で、時計の読み方を遊びながら覚えられるおもちゃ。

針を自分で動かしながら、文字盤の下にある穴に表示される「時間」「分」を見ることができます。

実際は、これを使って遊ぶというよりは、時計の勉強をする時に持ってきて一緒に針を動かすことのほうが多かったです。

created by Rinker
くもん出版(KUMON PUBLISHING)
¥1,018 (2021/10/17 18:41:07時点 Amazon調べ-詳細)

空間パズル

空間パズルも、くるくるレッスン同様、くもんが出している知育玩具です。

10種類のピースが1つずつ入っていて、組み合わせることで平面や立体にし、空間認識力や論理的思考力を養うというもの。

いつもレゴやラキューで遊んでいるくらい、ブロック遊びは2人とも大好き。

最初はピースを組み合わせても思った形にならなくて悩んでいましたが、すぐに感覚を掴み、リアルな動物のフィギュアと、ブロックでつくった馬で遊んでいました。

いつもと違うおもちゃでもさくっと使いこなせてしまうのは、さすがブロック好き娘といったところ。

ちなみに姉は、作例が載ったシートを見ながら次々と挑戦して楽しんでいました。

created by Rinker
くもん出版(KUMON PUBLISHING)
¥2,281 (2021/10/17 22:27:14時点 Amazon調べ-詳細)

ドクターセット

今回届いたおもちゃで2番目にハマっていたのが、ドクターセット。

木でつくられていますが、聴診器や血圧計、注射器など、つくりが細かくて本格的なものばかりで、大人でも感心してしまいます。

自分がされる時は大声で泣くのに、筆者の腕に注射器をあてている娘の顔はものすごくニヤニヤしていました。楽しんでくれて何よりです。

created by Rinker
プラントイジャパン(PLANTOYS JAPAN)
¥4,080 (2021/10/17 18:41:08時点 Amazon調べ-詳細)

WISHTIME

子どもたちが最もハマっていたのが、WISHTIME。筆者も子どもの頃はビー玉転がしにかなりハマっていたので、参加したくなる衝動を抑えながら見守っていました。

4歳の妹はビー玉をスタートする係、姉はコースを設置することになったようで、色々試しながらコース作りを進めていました。

キッズラボラトリー10

思ったコースにいかなくて、横からぽろっとビー玉が出てくると2人してゲラゲラ笑う場面も。

単純で奥が深いおもちゃは、なんだかんだ子どもも夢中になってしまうらしく、届いてから2週間経っても急に持ち出しては、長く転がすミッションに向けて思考錯誤していました。

Goryeo Baby

Goryeo Babyは、動物の絵柄とアルファベットを結びつけたパズル。動物と数字を組み合わせたものもあります。

0歳の頃から英語教育に力を入れていることもあって、娘たちは動物の名前を発音しながら迷うことなくどんどん当てはめていきました。うらやましい…。

総額

キッズラボラトリーで届くおもちゃの総額は、15,000円相当(税込16,500円)とされています。

では今回届いたおもちゃの総額はいくらなのか、計算してみました。

おもちゃ 価格
どうぶつの世界 2,398円
くるくるレッスン 1,650円
空間パズル 3,080円
ドクターセット 4,620円
WISHTIME 3,598円
Goryeo Baby 2,799円
18,145円

(税込表示)

総額は計18,000円と、目安よりも高いおもちゃを届けてくれたようです。

どのおもちゃも割と子どもは気に入ってくれて、全く使わないものはなかったので、おもちゃの量や相性は十分満足できるものでした。

公式:キッズラボラトリー

キッズラボラトリーを使った感想

キッズラボラトリーを使った感想をまとめました。

  • LINEの対応には満足
  • おもちゃの扱いにヒヤっとすることがあった
  • 毎月コースだと費用が負担に感じる場合も
  • 子どもが気に入れば買取もアリ

コスパ的には毎月コースよりも隔月コースなんだけど、子どもの反応を見ると毎月コースを続けたくなるから悩むよね。

LINEの対応には満足

口コミや評判のなかには、「LINEの対応がひどかった」「返事まで時間がかかった」といったものも見かけますが、筆者としては特に不満もなく、対応には満足しています

買取の相談をしたり、おもちゃの種類について細かく相談をしたりすると返事に時間が掛かることもあるとは思いますが、普段のやり取りではそこまで急ぎで対応を求めることも少ないですよね。

おもちゃの扱いにヒヤっとすることがあった

ブロック遊びは安心してみていられましたが、WISHTIMEのビー玉を転がすうちに無くしてしまわないか、動物フィギュアの脚を折ってしまわないかっといったことが心配でした。

実際、あれもこれも引っ張り出して遊んでる時は、自宅のおもちゃとパーツが混ざってしまい、少しヒヤッとしたものです。

一応、キッズラボラトリーには紛失時の安心サービスとして「安心紛失保証パック」というものがありますが、毎月+1,100円となかなかいいお値段

3ヶ月保証をつければ好きなおもちゃが1つは買えてしまうので、我が家は特につけていませんでしたが、借り物だけにやはり紛失は怖いですね。

ちなみに、修復が不可能な破損や、保証パック未加入時に紛失した場合は、補填として一定額の支払いを求められることになるので気を付けておきましょう。

送料1,100円は負担に感じる場合も

他社のサブスクでは送料が料金に含まれていることも多いですが、キッズラボラトリーはおもちゃが届くたびに1,100円の送料が別途発生します。

つまり実際に掛かる費用は、毎月コースだと合計5,478円です。しかも先ほどの保証パックをつけると、月額6,000円を超えてしまいます。

保証パックをつけないにしても、毎月コースで利用するのは、少々負担が大きいですね。

なお、隔月コースなら、おもちゃが届く月は合計3,674円で、トイサブ(月3,674円)と変わらない価格で使えます

長期的に使っていくなら、隔月コースのほうがお財布に優しく使えますね。

子どもが気に入れば買取もアリ

レンタルしたおもちゃの買い取りは、半額から10%OFFになった価格を提案してもらえます。

ほぼ新品のおもちゃが割引価格で手に入るなら、衛生面が不安な中古品を探すよりも良さそうですよね。

他のサブスクに比べて、キッズラボラトリーから届いたおもちゃは子どもの食いつきがかなり良かったので、しばらく悩んでみようと思います。

まとめ|キッズラボラトリーは子どもの反応が良くてGOOD!

キッズラボラトリーの体験レビューについてまとめました。

本記事のポイントを整理すると、次の通りです。

  • アンケート結果がしっかりと反映されている
  • 届いたおもちゃはどれも子どもの反応が良かった
  • LINEの対応には満足している
  • 毎月コースを続けるのは少し負担に感じるかも
  • 保証パックに未加入だと大きな破損や紛失にヒヤヒヤする

いくら料金が安くても、子どもが楽しそうに遊んでくれるおもちゃがなければ、せっかくのレンタルもあまり意味がありません

キッズラボラトリーは事前のアンケートに記載した情報をもとに、子どもの反応が良いおもちゃをいくつも選んでくれたので、毎月コースはやや割高ですが利用して良かったと感じました。

キッズラボラトリー
公式を見る

 今後しばらくキッズラボラトリーの利用を継続して気付いたことなどがあれば、情報を追加していく予定です。

なお、2021年おすすめのおもちゃレンタルサービスについては、こちらの記事で詳しく紹介していますので、ぜひ合わせてチェックしてみてください。

【2021年】おもちゃサブスク大手7社を徹底比較!玩具の定額レンタルおすすめはどこ?
おもちゃのサブスクは、年々人気が高まってきており、最近ではかなり種類も増えてきました。 ただ、どれも価格や貸し出せるおもちゃが似たようなものばかりで、どれを選んだらいいのか悩んでしまいますよね。 おもちゃのサブスクは確かに「おも...

 

タイトルとURLをコピーしました