モコモコゼミのコースや料金、口コミ・評判まとめ。かわいくて人気で受験に向けて1歳から始められる!

モコモコゼミの料金や口コミまとめ 通信教育

モコモコゼミは、幼児教育のパイオニアであり、受験塾としても有名な「こぐま会」の教材を使用した通信教材です。

2020年4月に、前身のハローキティゼミから「モコモコゼミ」と名称が変わりました。

今回は、モコモコゼミの特徴やメリット・デメリット、口コミなどについて紹介していきます。

  1. モコモコゼミってどんな通信教材なの?
    1. 【特徴】こぐま会が教材提供!小学校受験対策ができる幼児向け教材
    2. 【コース】算数強化コースと年齢別に分かれた5つのコース
    3. 【料金】入会金は無料、掛かるのは月会費だけ
    4. 【教材】プチは楽しめるもの、プレ~年長は冊子教材で学習モードに移行
  2. モコモコゼミの評判や口コミは?
    1. 子どもが楽しそうに取り組んでくれる
    2. 親向けの「がくしゅうのてびき」がいい!
    3. ドリルを悩んで買わなくても毎月届くのがやっぱり良さそう
    4. 白い封筒が届いてびっくりした
  3. モコモコゼミのメリットは?
    1. モコさんをはじめ、とにかくキャラクターがかわいい
    2. 子どもの個人情報を登録しなくていい!ニックネームで受講できる
    3. 季節や生活と関連づけられた問題があるから知識に偏りが出ない
    4. 年齢が上がるにつれレベルが高くなる教材で思考力を高められる
    5. 毎月届くぬりえで子どもの表現力を育める
    6. 海外での受講も可能
  4. モコモコゼミのデメリットは?
    1. モコモコゼミだけで小学校受験対策ができるわけではない
    2. ハローキティゼミの時にあったお試しの無料プランが無くなってしまった
    3. より体験を重視するなら他社を検討したほうがいいかも
  5. モコモコゼミの申し込み・退会・お問い合わせ方法
    1. 申し込み手続き
    2. 退会手続き
    3. お問い合わせ先
  6. まとめ|受験を見据えているならモコモコゼミを使ってみよう

モコモコゼミってどんな通信教材なの?

モコモコゼミロゴ

モコモコゼミとは、小学校受験で有名な「こぐま会」と中学校受験で有名な「SAPIX(サピックス)」が提携し、小学校受験はもちろん、低年齢化している中学校受験の早期準備にも対応できる通信教材です。

受験対策を取り入れながらも、先取り学習だけではなく、思考力(地頭)を身につけられる内容になっています。

公式:モコモコゼミ

【特徴】こぐま会が教材提供!小学校受験対策ができる幼児向け教材

「こぐま会」とは、小学校受験を目標としながら、合格後も学ぶ楽しさを持ち続けられるような基礎教育を行う幼児教室です。

こぐま会

全国の書店でも教材を販売し、幼児教材のベストセラーになっています。

子どものひらめきと思考力を育むためのカリキュラムのもと、子どもが自然に理解できるように関わる取り組みを行い、これまでにも多くの子どもたちが能力を伸ばしてきました。

小学校受験という言葉から想像できる通り、こぐま会が提供しているモコモコゼミの教材レベルは、他の幼児通信教育と比べてトップクラスの難しさです。

年中までは子どもが学ぶことを好きになることが目的なので、わりと簡単な問題で量も少なめに設定されていますが、年長になると完成期・応用編になり、難易度が非常に高いものとなります。

そして年少・年中コースでしっかりと基礎固めを行うことで、年長での難問に対応できるように作られているのが、モコモコゼミの特徴です。

年少・年中 年長
問題の量 少なめ 多い
難易度 基礎 応用・難しめ

【コース】算数強化コースと年齢別に分かれた5つのコース

モコモコゼミは、こぐま会の「らせん型カリキュラム」を採用し、同じ単元を少しずつ難易度を上げながら繰り返すことで、着実に子どもたちの思考力や表現力を育めるようなコースになっています。

コースは年齢順に、1歳から2歳向けのプチコース、2歳から3歳のプレコース、3歳から4歳の年少コース、4歳から5歳の年中コース、5歳から6歳の年長コースです。

コース 年齢 内容
プチ 1~2歳 モコモコゼミの内容や楽しさを知る
プレ 2~3歳 ・基礎から開始
・年少以降に直結する内容
年少 3~4歳 ・学習に対する自発性を育む
・思考力・表現力の基礎を築く
年中 4~5歳 ・思考力・表現力の基礎固め
年長 5~6歳 小学校進学を見据えた応用編

なお他には、算数強化の1年間トレーニングコースである「かんがえるさんすう」があります。

モコモコゼミかんがえるさんすう

(引用:モコモコゼミ公式)

コース 年齢 内容
かんがえるさんすう 幼児
・小学生
・中学受験向け
・四則演算

「かんがえるさんすう」は、こぐま会の代表である久野泰可氏が、難関の中学受験をする子どもたちのために作成した教材です。

子どもが四則演算(足し算・引き算・掛け算・割り算)をテクニックとしてではなく、本質的に理解しマスターすることを目指します。

早期に四則演算をマスターしたい家庭や、中学受験塾に入ることを考えている家庭におすすめの内容です。

中学受験に向けて準備をしたい子であれば、幼児でも小学生でも年齢に関係なく受講できるようになっています。

【料金】入会金は無料、掛かるのは月会費だけ

モコモコゼミの入会金は無料で、月額料金はプチコースが月1,280円プレ~年長コースが月2,420円となっています。

コース 月額
プチ 1,280円
プレ~年長 2,420円
かんがえるさんすう 1,480円

月会費以外に別途料金が掛かることはありません。

 

掛かるのは月会費だけなんだね!

支払いは、年間一括払いなどはなく、月払いのみ。

コンビニとクレジットカード払いがあり、コンビニ払いだと手数料が300円掛かります。

【教材】プチは楽しめるもの、プレ~年長は冊子教材で学習モードに移行

モコモコゼミの教材は、小学校受験を目標としたレベルの高い問題でありながら、ほんわかしたかわいいキャラの絵で、楽しく取り組めるよう工夫されたものになっています。

最初のプチコース(1~2歳)はとにかくモコモコゼミを楽しめるように、カードやパズル、ぬりえ、シールが教材の中心です。

プレコースから年長に掛けては冊子教材などがついてきて、少しずつ集中力をつけながら学習モードに移行できるようになっています。

教材 プチ プレ~年長
カード 1
パズル 1
ぬりえ 3 1
モコモコシール 1 1
出席簿 1 1
冊子教材 1
付録教材 1
学習の手引き 1
チェックシート 1

他にも、親の評判がとてもいい「がくしゅうのてびき」という冊子には、教材への取り組み方や問題の意図などがとても丁寧に書かれています。

こぐま会で行われている、「問題を解く際にどのようなポイントを見るか」「どのように教えるか」といった小学校受験対策の視点がわかるので、保護者としても助かりますね。

モコモコゼミの評判や口コミは?

モコモコゼミの評判や口コミを集めました。

子どもが楽しそうに取り組んでくれる

何よりも子どもが楽しんでやってくれるのが一番。気に入ってくれると、親としても嬉しいです。

女の子は特にモコさんたちのキャラクターを気に入って頑張る子が多いようです。

親向けの「がくしゅうのてびき」がいい!

保護者が横からアドバイスをする時に使える「がくしゅうのでびき」がいいと評判です。

忙しいと存在を忘れてしまうこともありますが、読むだけで何の力をつけるための問題かなどを理解することができます

冊子教材がついてくるようになったら、子どもが取り組んでいる横でしっかりと目を通しておきたいですね!

ドリルを悩んで買わなくても毎月届くのがやっぱり良さそう

幼児教室などを利用せず、自宅で家庭学習を中心に知育を進めている場合は、自分でドリルや絵本、ぬりえの選定をしなければいけないのがなかなか面倒。

選ぶのに時間も掛かりますし、合わなかったらまた別のものを探しにいかなければいけないので大変です。

モコモコゼミなら、カリキュラムがしっかり組まれた教材が届くので、あれこれ考えなくても子どもの力をバランス良く付けることができます。

親が選ぶと自分の好みで問題集を選びがちで、知らないうちに分野が偏っているなんてことも珍しくありません。

悩むのが面倒、選ぶのが大変という人に向いている教材と言えます。

白い封筒が届いてびっくりした

モコモコゼミは個人情報扱いが丁寧で、子ども向けの教材と分からないような封筒で届きます。

ただ、最初は怪しい書類のように見えてびっくりしてしまう人も…。

ちょっと驚いてしまいますが、モコモコゼミの配慮を感じられますね。

モコモコゼミのメリットは?

モコモコゼミのメリット

モコモコゼミのメリットをまとめました。

  • モコさんをはじめ、とにかくキャラクターがかわいい
  • 子どもの個人情報を登録しなくていい!ニックネームで受講できる
  • 季節や生活と関連づけられた問題があるから知識に偏りが出ない
  • 年齢が上がるにつれレベルが高くなる教材で思考力を高められる
  • 毎月届くぬりえで子どもの表現力を育める
  • 海外での受講も可能

一つずつ確認していきましょう。

モコさんをはじめ、とにかくキャラクターがかわいい

モコモコゼミのキャラクター

(引用:モコモコゼミ公式)

モコモコゼミに出てくる動物たちは、かわいくてゆるい雰囲気が子どもたちにも人気です。

マスコットキャラクターのモコさんや動物たちが、カードやぬりえ、問題のあちらこちらで登場するので、難易度の高い問題も取り組みやすく感じられます。

モコさんがいるだけでも、子どもは頑張って取り組んでくれますね!

子どもの個人情報を登録しなくていい!ニックネームで受講できる

モコモコゼミは、子どもの個人情報を登録することなく、ニックネームで受講できます

また教材が届けられる封筒は、キャラクターの絵やモコモコゼミのロゴも入っていない真っ白なもので、子どもがいる家とわかりづらいよう配慮されているものです。

安心して申し込めるね!

季節や生活と関連づけられた問題があるから知識に偏りが出ない

問題の中には、「きせつ」「せいかつのなかのかたち」など、同じ季節の花と果物を線でつないだり、身の回りの物の形は何の形かを考えたりする問題があります。

数などの勉強に偏らず、季節や生活に関連した問題もあるので、問題に取り組みながらさまざまなものに興味関心を向けられるよう考えられた内容です。

年齢が上がるにつれレベルが高くなる教材で思考力を高められる

モコモコゼミのコース説明でも触れたように、プチコースは学習への導入、プレ・年少・年中コースは基礎固め、年長コースが応用編です。

年中では、他の幼児教材でもよく見られる「同じ形のものを線でつなぐ」線つなぎの問題に、「同じ言葉から始まるものを線でつなぐ」など、考えて答えるような問題もあります。

また、隠れているものを探す問題では「なにがどこにかくれているか」を子どもが答えるようになっています。

モコモコゼミの年中教材

(引用:モコモコゼミ公式)

年長では、文章をしっかり読み込み、内容を理解することで解ける問題になっており、年中よりも文章が長いため、注意力や読解力が必要になってきます。

「ぬりえの絵を見ながら自分でお話を作る」問題などもあるので、想像力や考えたことを言葉で表現する力を伸ばしていくことが可能です。

他に、立体図形や、中学受験にもよく出される「旅人算」につながる問題、割り算などの問題も出てきます。

モコモコゼミは、年齢が上がるにつれてレベルが高くなり、思考力を高められるように考えられているんですね!

毎月届くぬりえで子どもの表現力を育める

モコモコゼミから毎月届くぬりえには、とてもかわいい動物たちがたくさん登場します。

絵を見ながら一生懸命塗っていくことで、子どもの集中力や手指の巧緻性を高められそうです。

子どもたちは、年少の頃はただ色を塗っていたのが、年長になると配色を考えたり、はみ出さないように線の中を綺麗に塗ったりするなど、自分なりに表現していきます。

たかが塗り絵、されど塗り絵。毎月継続して取り組むことで、表現力をしっかりと育めることでしょう。

海外での受講も可能

モコモコゼミでは、海外に住んでいても受講できます

以下の事業者に委託しているので、直接問い合わせや申し込みをしましょう。

また勤め先の企業が以下の業者のいずれかと契約がある場合、海外送料を勤め先企業が負担してくれる場合もあります。

事業者(株式会社OCS,日販アイピー・エス株式会社)による海外受講と国内受講は別契約です。

現在国内で受講中の会員が海外受講に切り替える場合は、事業者への申し込みと、モコモコゼミ公式サイトのメニュー内にある「退会フォーム」からの手続きが必要となります。

モコモコゼミのデメリットは?

モコモコゼミのデメリット

モコモコゼミのデメリットをまとめました。

  • モコモコゼミだけで小学校受験対策ができるわけではない
  • ハローキティゼミの時にあったお試しの無料プランがなくなってしまった
  • より体験を重視するなら他社を検討したほうがいいかも

一つずつ確認していきましょう。

モコモコゼミだけで小学校受験対策ができるわけではない

小学校受験では、ペーパーテストの他に面接や行動観察・運動・手指の巧緻性なども試験で見られるため、多岐にわたる準備が必要です。

モコモコゼミは、小学校受験の基礎的な学力や手指の巧緻性が身につきますが、それ以外の対策も徹底するなら、対面や集団の中で過ごしながら学ぶことも必要になってきます。

小学校受験をするなら、モコモコゼミだけでなく、他の幼児教室や塾と併用した方が合格につながりやすいでしょう。

関連記事:小学校受験のメリット・デメリットまとめ。子どもの将来を見据えた判断を

小学校受験のメリット・デメリットまとめ。子どもの将来を見据えた判断を
昨今、子どもの教育に対する関心は年々高まっており、大都市を中心に小学校受験を考える親も増えています。 公立小学校ではなくあえて国立や私立の小学校を受験するメリットには何があるのでしょうか。 小学校受験となると、だいたいの人が受験...

ハローキティゼミの時にあったお試しの無料プランが無くなってしまった

モコモコゼミ前身のハローキティゼミの時には、お試しができる「無料プラン」がありました。

毎月有料プランの過去問と問題の解説が数問ずつ、インターネット上で閲覧・印刷できるようになっていましたが、現在お試しの無料プランはありません

ちなみに、無くなったお試し無料プランの代わりに、現在は実質無料で1か月試せる返金保証キャンペーンを行っています。

こちらは一度入会し月会費を払う形になりますが、入会金無料ですし、月会費も期限内に申請すれば返金され、返品も不要です。

1か月分をまるまるお試しできるので、気になる方は試してみる価値がありますね。

より体験を重視するなら他社を検討したほうがいいかも

モコモコゼミは、机上で取り組む学習が中心で、体験に関するような内容は少なめです。

一方、同じ幼児通信教材でも、Z会(幼児向けコース)では、親子で実際にさまざまな体験を行えるような教材があり、学習だけでなく実際の体験も重視されています

受験対策よりも体験を重視するなら、体験活動を盛り込んでいるような、他社の教材や幼児教室の検討を考えた方がいいかもしれません。

モコモコゼミの申し込み・退会・お問い合わせ方法

モコモコゼミの申し込みや退会、問い合わせ方法を確認しておきます。

申し込み手続き

モコモコゼミへの入会は、公式サイトから手続きができます。

公式:モコモコゼミ

申し込みフォームのページから、必要事項を記入して申し込みましょう。

退会手続き

内容が難しくて子どもがついていけなかったり、教材が溜まってしまったりして続けることが難しいと感じられるようであれば、退会を検討しましょう。

モコモコゼミは他の教材に比べて難易度が高いと言われていますし、子どものレベルに合わなかったら、こどもちゃれんじやポピーなど他の教材を使ってみるのもありです。

退会手続きは、公式サイトメニュー内の「退会フォーム」から行うことができます。

退会期限は、解約したい月の15日までです。(例:4月号で退会の場合、4月15日までに手続き)

お問い合わせ先

モコモコゼミについて、詳しく知りたいことや確認したいことがあれば、問い合わせフォームから問い合わせができます。

問い合わせフォームが使えないときはメールで、メールも使えないときは電話(050-3799-2134)で確認してみてください。

まとめ|受験を見据えているならモコモコゼミを使ってみよう

モコモコゼミの概要やメリット・デメリット、口コミや評判について確認してきました。

モコモコゼミのポイントを整理すると次の通りです。

  • 1歳から始められて、小学校受験対策ができる
  • 教材は、小学校受験に強い「こぐま会」が提供
  • 年少や年中は基礎固め、年長コースは応用編
  • 入会金は不要、プチは月1,280円、プレから年長は月2,420円で受講可能
  • モコさんなどのキャラクターがかわいくて子どもにも人気がある
  • 無料プランは現在行っていない
  • 小学校受験の試験対策をするなら幼児教室との併用がおすすめ

シールやぬりえが毎月届くのを、子どもも楽しみにしてるみたい!

モコモコゼミは、座りながら机上で学習を進めるような内容が中心です。

そのため、まだ学習習慣が身に付いていない子どもは、途中で投げ出してしまったり、集中力が切れてなかなか進まなかったりするかもしれません。

子どもが小さい時は少しずつ座って取り組める時間を延ばしていき、冊子教材が入ってきたら、がくしゅうのてびきを見ながら進めていくようにしましょう。

小学校受験を考えているなら、モコモコゼミを利用して少しずつ準備を進めていきたいですね。

ただ、本気で受験をするなら、面接練習や模試など、準備しなくてはいけないことが多いです。

年中の秋から始める受験対策コースを実施しているような幼児教室の利用も検討してみましょう。

公式:モコモコゼミ

タイトルとURLをコピーしました