パルキッズプリスクーラーとアイキャンリードの教材内容や費用まとめ。小学生でも英検2級に合格できる?

おうち英語教材

子どもに習わせたい習い事ランキングの上位に必ず入っているのが、英会話です。

英語を学ぶとき、教室・通信教育・オンラインレッスンなど、さまざまな方法がありますよね。

今回取り上げるのは、教室に通うことなく家庭で取り組める、英語教材の「パルキッズ」です。

パルキッズは、語彙のインプットと発音などのアウトプットをバランスよく身に付けられると評判で、小学生でも英検2級に合格した子がいるなど、バイリンガル教育向きの教材と言われています。

パルキッズの教材やオンラインレッスンの内容・費用・評判について、詳しくみていきましょう。

  1. 幼児英語学習に使える「パルキッズ」ってどんな教材なの?
  2. 「パルキッズプリスクーラー」0歳から8歳向け
    1. 【特徴】学ぶ語は2年で2,000語以上!バイリンガルに育てることも可能
    2. 【費用】教材は66,204円(税込)、10月2日以降84,700円(税込)
  3. 「パルキッズキンダー」はパルキッズプリスクーラー修了者向け
  4. 「アイキャンリード」読解力を重視した教材で2歳以上向け
    1. 【特徴】96冊の絵本とネイティブのナレーション音声で発音力UP
    2. 【費用】26,400円(税込)、追加のオンラインレッスンは12,540円(税込)
  5. パルキッズを使うメリット
    1. インプットとアウトプットのバランスが良く語彙力を確実に増やせる
    2. 親がつきっきりにならなくても子ども一人で学習しやすい
    3. 小学生で英検3級や2級に合格できるような力がつく
    4. 長文読解が必要な洋書もスラスラ読めるようになる
  6. パルキッズを使うデメリット
    1. かけ流しやオンラインレッスンが苦手な子どもには続かない
    2. 使い倒すなら安い!途中でやめるなら高いお買い物!
  7. パルキッズと他の教材との比較
  8. パルキッズの口コミや評判
    1. 10月2日以降の値上げ前に駆け込み購入する人多数
    2. パルキッズのかけ流しくらいがちょうどいいと感じる人もいる
    3. オンラインレッスンはおまけみたいなものだと思ってたら本格的だった
  9. まとめ:インプットとアウトプットをバランスよく習得するならパルキッズ!

幼児英語学習に使える「パルキッズ」ってどんな教材なの?

(引用:パルキッズ公式)

「パルキッズ」とは、株式会社 児童英語研究所の船津洋 所長が、30年前から英語教室で使っていた教材を、25年ほど前からオンラインで使えるように製作されたものです。

パルキッズの教材には、主に英語初級者・中級者・小学生向け・英検対策の教材がありますが、今回は2種類の教材を詳しくまとめてみました。

0歳から8歳向けの「パルキッズプリスクーラー」と、2歳以降におすすめの「アイキャンリード」という教材について、確認していきましょう。

「パルキッズプリスクーラー」0歳から8歳向け

パルキッズプリスクーラー

(引用:パルキッズ公式)

「パルキッズプリスクーラー」は、初めて英語学習を始める子ども向けの教材です。

大量の日常英会話をインプットすることにより、幼児期だからこそ身につくリスニング力を育てます。

プリスクーラーは、幼児期のうちに大量にインプットできる教材!

パルキッズプリスクーラー
料金
(税込)
2020年
10月1日まで
66,204円
同年
10月2日以降
84,700円
内容 ・CDーROM
・DVD
・オンラインレッスン
・テキストブック
・レッスンプリント
・30ヵ月のサポート期間つき
学習期間 2年間
対象 0歳~8歳
公式サイト パルキッズプリスクーラー

【特徴】学ぶ語は2年で2,000語以上!バイリンガルに育てることも可能

子どもは、生まれてから幼児期の間、音に対してとても優れた能力を持っていることから、パルキッズでは英語のかけ流しをすることで、英会話を大量にインプットできるように作られています。

日常生活で見聞きする単語や、色・形・概念などを2年で2,000語以上も学べるというのが大きなポイント。

そして、オンラインレッスンでアウトプットを行うことによって学習が定着し、2年で英語を聞き取る耳を育てるというのが、パルキッズの英語メソッドです。

子どものうちにこれだけインプットするため、パルキッズ経験者の子どもにはバイリンガルのようにすらすらと英語を話す子もいます。

子どものうちにインプットとアウトプットを繰り返すことで英語脳になるのね!

どんな使い方をするのかな?

基本は1日90分、プリスクーラーをかけ流し、その後1日3~5分オンラインレッスンに取り組むような流れです。

オンラインレッスンは、特別なアプリを入れたり、専用のタブレットを用意したりする必要はなく、自宅にあるPC・スマートフォン・タブレットで受けることができます。

オンラインレッスンの内容は以下の通りです。

  • フラッシュカード
  • 単語どっちあそび
  • 絵本の読み聞かせ
  • としおの1日(日常会話ストーリー)
  • 会話文どっちあそび
  • お楽しみレッスン ほか

オンラインで講師と話したりするものではなく、かけ流しをした内容の中から出る問題をクイズ感覚で解くもので、いつでも好きな時間に取り組めるようになっています。

さらに確実に英語を定着させられるように、3週目以降にDVDを見る、プリント学習をすることも可能です。

【費用】教材は66,204円(税込)、10月2日以降84,700円(税込)

パルキッズプリスクーラーの教材費は、2020年10月1日まで66,204円(税込)、同年10月2日以降は84,700円です。

10月2日以降は、以前より約2万円も高い価格での購入となります。

なお、オンラインレッスンは一人用なので、兄弟で一緒に受けたい場合は、追加のオンラインレッスン(37,620円・税込)が別途必要です。

「パルキッズキンダー」はパルキッズプリスクーラー修了者向け

(引用:パルキッズ公式)

「パルキッズキンダー」は、パルキッズプリスクーラーの修了者向けの教材で、幼児英語教育の総仕上げをすることができます。価格は、プリスクーラーと同額です。

パルキッズキンダー
料金
(税込)
2020年
10月1日まで
66,204円
同年
10月2日以降
84,700円
内容 ・CDーROM・DVD 4枚
・オンラインレッスン
・クイックリファレンス
・レッスンプリント
・100 Words Wall Chart
・30ヵ月のサポート期間つき
学習期間 2年間
対象 プリスクーラーの修了者向け
公式サイト パルキッズキンダー

プリスクーラーと合わせると語彙は2,500語にまで達するそうで、これは高校1年生の語彙力に相当します。

つまり、プリスクーラーを3歳から始めたとしたら、6歳頃には英検準2級レベルになれるということです。

英語圏の児童書を読書として楽しめるなど、これだけやりこむとかなり力がつきそうですね。

プリスクーラーが終わって、続けて取り組んでいきたいならこっちね。

「アイキャンリード」読解力を重視した教材で2歳以上向け

(引用:パルキッズ公式)

アイキャンリードは、かけ流しによる絵本の音読・暗唱とオンラインレッスンの教材です。

暗唱でスピーキング力やリスニング力が上がり、それに加え、オンラインで絵本の内容をしっかりと理解し読解力を育てます。

アイキャンリード
料金
(税込)
26,400円
プリスクーラーとのセット
10月1日まで 91,284円
10月2日以降 109,780円
内容 ・取り組みCD4枚(1枚45分)
・オンラインレッスン
・レッスンプリント
・30ヵ月のサポート期間つき
ダウンロード ・名前入りオリジナル絵本(96冊分)
・絵本書き出しプリント
学習期間 2年間
対象 2歳以上
公式サイト パルキッズキンダー

【特徴】96冊の絵本とネイティブのナレーション音声で発音力UP

かけ流しとオンラインレッスンを行うことはプリスクーラーと同じです。

異なるのは、1日1回手作り絵本や、オンライン動画を使って、絵本の読み聞かせや暗唱を行うこと。

オンライン動画はYouTubeにUPされていて、手軽に利用することができます。

(引用:パルキッズ公式)

これは楽しそう!

子どもの知的好奇心を刺激する96冊分の絵本を、経験豊かなネイティブが収録し、標準速と倍速の音声で聞くことができるようになっています。

読解力だけでなく耳も育つので、子どもの発音力にもつながるというわけです。

【費用】26,400円(税込)、追加のオンラインレッスンは12,540円(税込)

アイキャンリードの教材費は、26,400円(税込)です。

こちらも、オンラインレッスンは一人用となっているため、兄弟で一緒に受ける場合は、追加のオンラインレッスン費として12,540円(税込)が必要となります。

パルキッズを使うメリット

英語学習教材にパルキッズを使うメリットを4点にまとめてみました。

  • インプットとアウトプットのバランスが良く語彙力を確実に増やせる
  • 親がつきっきりにならなくても子ども一人で学習しやすい
  • 小学生で英検3級や2級に合格できるような力がつく
  • 長文読解が必要な洋書もスラスラ読めるようになる

一つずつ見ていきましょう。

インプットとアウトプットのバランスが良く語彙力を確実に増やせる

学生の頃は何となく分かったのに、大人になって語彙を忘れてしまって英語が分からなくなったという人は多いでしょう。

英語を話したり、理解したりするためには、語彙力を身に付けるのが重要です。

だからこそ、パルキッズは英語習得に必要となる語彙力を、子どものうちに大量にインプットできるようにしています。

また、インプットだけでなく、オンラインレッスンやプリント学習でアウトプットをすることによって、しっかりと学習の定着ができるという仕組みは、非常にバランスがいいですよね。

日本語を母語として習得する時も、日常生活で聞くことと、話すことを繰り返して日本語を使えるようになるもんね!

親がつきっきりにならなくても子ども一人で学習しやすい

学習の内容が変わる度にCDを入れ替えたり、常に親がそばでつきそっていないと進められないものだったりすると、毎日続けていくのは大変ですよね。

パルキッズは、かけ流しもオンラインレッスンも、スマホやタブレットで教材をスタートさせることができます

親の負担が少なく、子どもだけでも学習を続けることができるのは大きなメリットです。

小学生で英検3級や2級に合格できるような力がつく

パルキッズオンラインレッスン

(引用:パルキッズ公式)

英語を聞く力や会話力、読解力などをバランスよく確実に身に付けられるため、パルキッズで学習した子の中には、小学生で英検3級や2級に合格している子もいます

高校1年生レベルが英検準2級ですから、高校レベルの英語を小学生のうちに習得できる力をつけることができるのは、インプットとアウトプットが両方身に付くパルキッズならではなのでしょう。

最近は、大学入学共通テストでもTOEICや英検が重視される傾向にあることを考えても、身に付けた英語力を何かしら証明できる形にしておくに越したことはありません。

パルキッズをやるなら、英検などにチャレンジしてみるのも良さそうです。

なお、パルキッズでは、プリスクーラーやキンダーなどの教材の他にも、英検5級から準1級に対応した教材があり、追加でオンラインレッスンを購入することができるようになっています。

長文読解が必要な洋書もスラスラ読めるようになる

高校生になって英語だけで書かれたページを見ると、拒否反応が出てしまう…なんて人もいますが、それは語彙力が足りないのと、子どものうちから英語の文章を読み慣れてないせいです。

分かる。あの頃はつらいなと思っていたのよね。

パルキッズでは、アルファベットを読めない子でも、徐々に単語数を増やしていくことで、少しずつレベルを上げて音読・暗唱・多読を積み重ねていけるようになっています。

2,000語から2,500語程度の語彙力が身に付けば、児童向けの絵本だけでなく、洋書レベルの本も読めるようになるそうです。

パルキッズを使うデメリット

このようにメリットも多いですが、パルキッズの教材に合わない子がいるのも確か。

利用する前に可能性として考えておきたいのは以下のようなケースです。

  • かけ流しやオンラインレッスンが苦手な子どもには続かない
  • 使い倒すなら安い!途中でやめるなら高いお買い物!

かけ流しやオンラインレッスンが苦手な子どもには続かない

パルキッズでは、同じ内容のかけ流しを1ヵ月繰り返して聞かせるので、「またこれ?」と、途中で飽きて聞くのを嫌がる子もいるようです。

同じのばっかりだと飽きちゃうの。

年齢が上がってきて、スマホやゲームに興味をもつようになると、そちらに夢中になってしまい、勉強どころではなくなってしまう可能性もあります。

それに、子どもからするとオンラインレッスンでじっと座って勉強するのは、なかなか苦痛なもの。頑張って取り組んでいても、間違えた途端、嫌になって続かないということも考えられます。

間違えて怒られるの嫌だもん。

他のかけ流しやオンラインレッスンが続かない子の場合、パルキッズでも続かないかもしれないということは考えておいたほうが良いですね。

使い倒すなら安い!途中でやめるなら高いお買い物!

パルキッズで目安とされている学習期間は、プリスクーラーやキンダー、アイキャンリードで2年間。

プリスクーラーやキンダーは約6万円~8万円ですから、一度に支払うのはお高い価格ですが、24ヶ月の月謝で換算すれば、月3,500円程度です。

例えば、ECCジュニアの2・3歳児コースだと授業料は6,600円で、パルキッズの約2倍もします。

ですから、使い倒すなら英会話教室に通うよりも、安い買い物です。

ただ、最初に教材費を支払うタイプなので、子どもが途中で嫌になったり飽きたりしてやらなくなると、むしろ高くついてしまう点には注意してください。

パルキッズと他の教材との比較

パルキッズと他の英語教材を比べてみました。

パルキッズ
プリスクーラー
Rakuten
ABC mouse
こどもちゃれんじ
English
ぷち・ぽけっと
対象 0歳~8歳 3歳~8歳 1歳~3歳
1ヶ月あたりの
料金
10/1まで2,759円
10/2~  3,529円
月1,067円
(1年プラン)
月2,933円
(会員)
総額 10/1まで 66,204円
10/2~  84,700円
(2年)
12,800円
(1年プラン)
36,825円
(12回一括)
内容 CD
DVD
テキストブック
オンラインレッスン付
アプリ
豊富なアクティビティ
オンライン絵本
おもちゃ
DVD
絵本
詳細 詳細 詳細

1ヶ月あたりの料金で考えると、Rakuten ABCmouseに比べて割高となっています。

ただ、Rakuten ABC mouseやこどもちゃれんじEnglishには、パルキッズのようにオンラインレッスンは付いていません。

それにこどもちゃれんじEnglishは、英語を楽しむのがメインで、確かな英語力を付けるにはやや力不足感があります。

バイリンガル教育を目指しているご家庭であれば、パルキッズの料金や内容が一番妥当でしょう。

パルキッズの口コミや評判

パルキッズの口コミや評判をTwitterから集めました。

10月2日以降の値上げ前に駆け込み購入する人多数

10月2日以降、約2万円も高くなってしまうため、慌てて駆け込み購入する人が多いようです。

確かに、少しでも安いほうがいいですよね!(切実)

パルキッズのかけ流しくらいがちょうどいいと感じる人もいる

パルキッズを使っている家庭は、ディズニーの英語システムなど様々な英語教材を使っている場合が多く、色々組み合わせているケースがあります。

そのうえで、パルキッズのかけ流しが我が子に合っているのではないかと考える人もいるようです。

かけ流しは親が意識しないと忘れてしまうもの。何となく流せて、手が届きやすいパルキッズは料金的にも、使いやすさとしてもちょうどいいのかもしれませんね。

DWE高いって言いますよね(白目)

オンラインレッスンはおまけみたいなものだと思ってたら本格的だった

パルキッズはCDやDVDがメインで、オンラインレッスンはちょっとしたおまけのようなもの…そう思っている人も多いですが、実はオンラインレッスンが結構本格的で良いと評判です。

正解率が分かるだけでなく、どんな部分が弱かったのかとった部分まで教えてくれるので、何を重視して学習を進めてあげるべきかが分かるようになってなっています。

日頃からインプットとアウトプットを積み重ねるだけでなく、何が身に付いたのかを知ることができると、子どもの成長に繋がりやすくていいですね。

まとめ:インプットとアウトプットをバランスよく習得するならパルキッズ!

パルキッズの概要や料金、メインの教材について詳しくみてきました。

パルキッズについて最後に改めてまとめるとこんな感じです。

  • パルキッズプリスクーラーは0歳から8歳向けでインプットとアウトプットを重視
  • アイキャンリードはプリスクーラーと併用可
  • アイキャンリードはオンライン絵本の音読や暗唱で読解力だけでなく発音力もつく
  • 一括支払いなのがネックだが1か月あたりの料金は他社に比べてそう高いわけでもない
  • 確実英語力をつけるなら教材としては間違いない

英語のCDをかけ流すのは、最近割とポピュラーな英語学習方法になってきましたが、パルキッズの教材と使い方が示すように、大切なのはインプットとアウトプットとのバランスです。

インプットだけでは、会話や発音などのアウトプットがおろそかになりますし、インプットがうまくいっていないと、アウトプットもうまくいきません。

子どもにバイリンガル教育をしたいと考えている方は、パルキッズの利用を検討してみると良いでしょう。

ただ、パルキッズのオンラインレッスンは、中古で購入した場合利用できない点には注意してください。受けられるのは、新規購入者のみです。

気になる人は、パルキッズの資料請求をすると、サンプルCDや7日間体験オンラインレッスンなどの特典が受けられます。サンプルCDを掛けてみて、子どもの反応を見てみましょう。

公式:パルキッズ

タイトルとURLをコピーしました