ランドセルカバーは必要?メリットやデメリット・付け方・人気のあるランドセルカバーまとめ

小学校準備

小学校の入学準備といえば、ランドセルの購入ですよね。

6年間使うものなのできれいに大切に使ってほしいものです。

最近のランドセルは丈夫で傷がつきにくく、防水加工がされたものも販売されています。

そんなランドセルを守るランドセルカバーの存在をご存知でしょうか。

ランドセルカバー?

知らないの?

ランドセルカバーを、ランドセルと合わせて購入を検討する方も多いかと思います。

そこで今回はランドセルカバーは必要なのかということ、メリットや選び方のポイントをご紹介します。

ランドセルカバーは必要ない?

ランドセルカバー自体を知らない、使ったことがないという方もいると思います。

実は私も小学校の入学準備を始めるまでよく知りませんでした

実際のところ、ランドセルカバーはどのように使われているのでしょうか。

1年生は交通安全の黄色カバーをもらう地域もある

ランドセルカバーをご存知の方の中には、黄色のカバーをイメージする方も多いでしょう。

地域や学校によっては、1年生に着用を義務付けている場合もあるようです。

黄色のランドセルカバーの多くは、交通事故防止を目的に、全国の企業や交通安全協会から子どもたちへ贈呈されています。

1年間の交通事故傷害保険が付いている場合もあるので、万が一の際も役立ちますね。

黄色のカバーは遠くからでも目立つので、横断歩道を渡る際などドライバーの方から見つけやすくなり、通学に慣れていない1年生を事故から守ることができるという利点があります。

カバーを付けている子があまりいないとは恥ずかしがって使わない

一方で、「デザインが好きではない」、「恥ずかしいから付けたくない」と抵抗を感じてしまう子もいるようです。

実用的で、利にかなっているんだけどね…

特に小学校で義務化されていない地域では、黄色のカバーを目にすることも少ないですよね。

毎日身に付けるものだからこそ、子どもが身に付けたいものかどうかも重要になってきます。

ランドセルカバーのメリット

では、実際にランドセルカバーを使っている子どもは、何のためにつけているのでしょうか。

ランドセルカバーには、大きく分けて3つのメリットがあります。

  • 長年使っても傷や汚れからランドセルを守りキレイに保てる
  • 数枚持っていればおしゃれ感覚で付け替えをして楽しめる
  • 目立つので防犯対策や交通安全に役立つ

長年使っても傷や汚れからランドセルを守りキレイに保てる

丈夫に作られているランドセルですが、高学年になるとどうしても汚れや傷が目立ってくることがありますよね。子どもによっては少し雑に扱ってしまうこともあるでしょう。

私の娘も、小学校低学年の時にランドセルに大きな傷を付けてしまい、学年が上がるにつれて恥ずかしそうにしていました。

ランドセルと同じ色のマジックでごまかしてたよね

そうならないためにも、カバーを付けておけば、ランドセルを汚れや傷、雨から守ることができます。万が一カバーが汚れても、比較的低コストで買い替えもできるので安心ですね。

6年間汚さずに大切に使いたい、という方は付けておいたほうがいいでしょう。

数枚持っていればおしゃれ感覚で付け替えをして楽しめる

ランドセルを6年間使っていると、どうしても途中で好みが変わったりデザインに飽きたりすることがあります。1年生と6年生で好みが変わってしまうのは仕方のないことです。

市販のランドセルカバーには、シンプルなものからキャラクターもの、おしゃれなデザインのものが販売されています。

例えば高学年になり持っているランドセルが少し子どもっぽく感じてしまったときは、落ち着いたデザインのランドセルカバーを付けることで雰囲気を変えることができます。

複数枚持っておいて、そのときの気分に合わせて付け替えるのもいいですね。

目立つので防犯対策や交通安全に役立つ

ランドセルカバーには反射板が入っているものや、暗い場所で光るデザインが入ったものがあります。

明るめのデザインのものを選べば、遠くからでも見つけやすく防犯面でも役立ちますね。

市販のものはデザインに凝ったものも多いので、黄色の交通安全カバーよりも抵抗なく使うことができるのではないでしょうか。

ランドセルカバーを付けるデメリット

このようにランドセルカバーを使うことはメリットもありますが、中にはカバーを使わない、もしくは不要だったという声もあります。

レインカバーではないため雨に濡れたまま放置するとランドセルが傷む

ランドセルカバーは雨の日の水濡れ防止にも役立ちます。

しかし、濡れた際にそのまま放置してしまうと、ランドセルを傷める原因になりかねません

特にランドセルが本革の場合は、レインカバーの隙間から水が入ってしまうことで、表面が硬くなってひび割れを起こしてしまう可能性があり、注意が必要です。

雨の日は帰宅後に外して乾かす、定期的に汚れをふき取るなど日々のお手入れを忘れずに。

こだわって選んだランドセルの色を隠してしまう

最近のランドセルはおしゃれで凝ったデザインのものが多いですよね。

せっかく気に入って決めたランドセルにカバーを付けてしまうと、色やデザインが隠れてしまうから使いたくない、という方もいるようです。

また、ランドセル自体の品質も高くなっていて、防水性が高く傷が付きにくい素材のものが多いため、わざわざカバーを使う必要性を感じないという意見もあります。

正しいランドセルカバーの選び方

ランドセルカバーもピンキリです。

ただ逆に言えば、様々な種類のものがあるので、子どもの個性や好みに合わせて選ぶことができます。

それでは、ランドセルカバーを購入する前に確認しておきたいポイントを3つおさえておきましょう。

サイズ感

ランドセルには主に2つのサイズがあります。

  • A4クリアファイル収納サイズ:縦310mm×横233mm×奥行120mm
  • A4フラットファイル収納サイズ:縦310mm×横223mm×奥行110mm
    ※いずれも内寸

多くは両方に対応していますが、購入前はランドセルカバーのサイズがランドセルに合うのか、念のため確認しておくようにしましょう。

素材

ランドセルカバーの素材によってそれぞれ特徴があります。お手入れ方法も大きく変わるので、家庭に合ったものを選びましょう。

メリット デメリット
ナイロン製
・ポリエステル製
・手洗い・洗濯機で丸洗いが可能
・取り外しが簡単
・防水機能は高くない
ビニール製 ・雨や汚れに強い ・通気性が悪く蒸れやすい
・丸洗いできない

デザイン性

大きく、透明・不透明の2つのタイプに分けられます。

シンプルに使いたい、元のランドセルのデザインを活かしたいという方は透明のカバー、ランドセルの雰囲気を変えたい、傷を隠したいという方は不透明なものから選ぶといいでしょう。

ランドセルカバーの付け方は?

最初は付け方が分からず手間取ってしまうかもしれませんが、一度付けてしまえば簡単です。

付け方はランドセルカバーによって多少異なりますが、ここではビニール製カバーの付け方を紹介します。

  1. ランドセルカバーにランドセルのかぶせ部分(蓋)を通す
  2. カバーに付いているひもやゴムでランドセルを固定する
  3. よれやしわがないよう位置を調整する

(参考:セイバン公式サイト)

ランドセルカバーを付ける前に、ランドセルの表面の汚れをふき取っておくことも忘れないようにしましょう。

おすすめのランドセルカバー

最後に、人気の高いランドセルカバーをいくつか紹介します。

ポケット付きのランドセルカバー

最近増えてきたのが、サブバッグのようにランドセルにポケットを付けられるタイプです。

ランドセルだけでは入りきらないものや、ランドセルに入れると取り出しにくいものを入れられるので何かと便利に使えます。

がっつり自分の好きな柄をつけたい子向け

ランドセルの蓋部分が隠れても、自分が好きな柄をつけたい子には、とことん選ばせてあげましょう。

ただ、周りに同じ柄の子がいないと、遠くからみても印象が残りやすく、防犯上あまり良くないと考える人もいるようです。

透明タイプでランドセルのデザインを隠さない

ランドセルの色合いを生かしたまま、上からかわいいイラストを重ねられるため、透明タイプは女子人気が高いです。

 

ランドセルと縁の色を合わせるのもいいですし、あえて違う色を入れてみるのもおしゃれです。

もっとこだわりたい子は、リボンやレースの入ったこんなカバーもおすすめ。

ランドセルだけでは個性を出しにくいですが、ランドセルカバーなら、自分好みのものを選べますね。

まとめ|ランドセルカバーは種類が豊富!ただ必要かは考えて

黄色くて目立つ印象が強いランドセルカバーですが、今は様々なタイプのものがあり目的に合わせて使い分けることができます。

新1年生だけでなく、ランドセルのデザインに飽きて悩んでいる、ランドセルの傷を隠したいというような高学年の子も使ってみるといいかもしれませんね。

ただそうは言っても、ランドセルカバーを使わないという方も多いので、本当に必要かどうか判断したうえで、子どもに合ったランドセルカバーの使用を検討してみてください。

タイトルとURLをコピーしました